優れた運用能力

アバディーンは資産運用ビジネスに特化しています。

優れた運用能力と顧客重視の姿勢が、アバディーンの特徴です。

  • ロング・オンリーの運用を主体としており、市場の一時的な変動に左右されず、ファンダメンタルズの健全な企業に投資することにより、お客様の資産の成長を目指します。
  • 投資プロセスとポートフォリオの透明性を保持しており、お客様にご信頼いただいております。

株式投資アプローチ

アバディーンの株式運用プロセスの中核を成しているのは、客観性、一貫性、そして独自のリサーチです。このアプローチは1990年代初頭より一貫して実践しており、実効性が確認されています。

アバディーンの投資プロセスの特徴

  • チーム運用を行っており、投資対象地域に運用担当者を配置
  • 長期投資
  • 企業のファンダメンタルズを重視した投資
  • 社内の地域別運用チームが独自に行うリサーチ
  • 投資に先立ち必ず企業の経営陣と面談
  • 分散投資によるリスク管理

アバディーンの株式投資プロセス

豊富な情報に基づいた銘柄選択

優れた銘柄選択が運用パフォーマンスの鍵です。優れた経営陣とビジネスモデルを備えた、質の高い、且つ割安な株価水準の銘柄を識別します。

ポートフォリオの構築に際し、ベンチマークにとらわれることはありません。ベンチマークは将来のパフォーマンスを何ら示唆するものではないからです。

ビジネスモデルの理解できない企業や、株主構成に偏りのある企業には投資しません。

独自のリサーチ

投資に先立ち、ファンドマネジャーが必ず企業と面談を行います。アバディーン・グループ全体で毎年数千回の面談を投資企業または投資候補企業と行っています。

企業面談の詳細はレポートにしてデータベース化しています。ベンチマークの構成比率が高くてもアバディーンの投資基準に満たない銘柄には投資しません。

組入銘柄を分散することによりリスクを抑制し、独自のリサーチを活用して付加価値を創出します。質の低い銘柄に投資することと同じく、質の高い銘柄であっても割高な株価で投資することはリスクであると、アバディーンは考えます。

長期投資

アバディーンの投資戦略はシンプルです。長期的なバイ・アンド・ホールド戦略で、株価上昇時には一部売却、下落時には買い増しという手法を選好しています。そうすることで、売買コストを低減し、厳選投資を維持します。

短期的な利益を追求することは基本的にありません。ただし、必要に応じて一部の特化型ポートフォリオでは、よりダイナミックな運用を行うことがあります。

チーム運用

アバディーンは世界に100名超の株式投資プロフェッショナルを擁しています。企業訪問、分析からポートフォリオの構築にいたるまで、すべてチーム 制で行います。スターファンドマネジャーによる運用ではなく、各運用チームが現地で調査・投資を行うことで、一貫性と客観性を確保しています。