アバディーンのESG投資とスチュワードシップ

アバディーン・グループは、投資家が市場の可能性を活用しながら各々の目標を達成するための一助となることを目指しています。そのためには、環境、社会、ガバナンスといったESGの要素がもたらすリスクや機会を、運用商品やサービスに組み込む必要性が、ますます高まっています。

スチュワードシップのアプローチ

ESG (環境、社会、企業統治)やSRI (社会的責任投資) 、それらに関連するテーマ型投資の手法は全て、クライアントの資産管理人としての受託者責任をまとめたアバディーンのスチュワードシップ方針に組み込まれています。ESGは、エンゲージメント(経営陣への働きかけ)や議決権行使と並び、スチュワードシップにおける重要な要素です。ESGの観点を取り入れた視点は、本質的なリスクや機会全般に焦点を当てることにつながり、重要な懸念事項と共に資産の質への理解を深めます。

アバディーン・グループのスチュワードシップ方針

アバディーンではESGに関する重要な検討事項を、各アセットクラスの投資判断と融合させ、投資分析の際にはリスクベースのアプローチとして採用しています。

各アセットクラスにおけるスチュワードシップおよびESGの融合についての詳細は以下のリンクをご覧ください。 (ただし、日本のお客様への提供を行っていない商品もございます。)