アバディーンの運用能力(債券)

アバディーンは資産運用ビジネスに特化しています。

優れた運用能力と顧客重視の姿勢が、アバディーンの特徴です。

  • ロング・オンリーの運用を主体としており、市場の一時的な変動に左右されず、ファンダメンタルズの健全な企業に投資することにより、お客様の資産の成長を目指します。
  • 投資プロセスとポートフォリオの透明性を保持しており、お客様にご信頼いただいております。

アバディーンの債券投資プロセスのご紹介

債券運用には1980年代以降同一の投資プロセスを適用しています。投資プロセスの中核を成しているのは独自に行うリサーチで、リスク・リターンの均衡の取れた投資機会を識別し、様々な非相関の投資機会を組み合わせるよう心がけます。

アバディーンの投資プロセスの特徴

  • グローバルなアクティブ運用で、ベンチマークを上回るパフォーマンスを目指す
  • 様々な付加価値源泉を利用してリスク・リターン特性の向上を図る
  • 債券専任のポートフォリオ・マネジャーがリスクバジェットの範囲内で運用
  • ロンドン、フィラデルフィア、シンガポール、シドニー、バンコク、ジャカルタ等に債券運用拠点
  • デリバティブ運用能力を活かしたアクティブ運用と負債管理

アバディーンの債券投資プロセス

債券投資における強み

アクティブ運用

金利、為替、投資適格クレジット債券、エマージング債券、ハイイールド債券の各市場の非効率性を追求することにより、付加価値を創出します。

3つの主要地域に債券専任のポートフォリオ・マネジャーとアナリストを配置しています。緊密に連携し合い、意思決定は各分野のスペシャリストに委ねます。

チーム運用

アバディーンは世界に約130名の債券投資プロフェッショナルを擁しています。明確に定義された投資基準に沿って投資を行い、透明性と説明責任に基づく明確なレポーティング体制の下で運用業務を行います。

柔軟で規律ある投資プロセス

アバディーンの債券投資プロセスは、一貫した運用プロセスに基づいたものであると同時に、多様な顧客ニーズに対応してポートフォリオを構築する柔軟性も備えています。相関性の低い多くの超過収益源泉を組み合わせた運用や、特定のセクター等に特化した運用を行う場合もあります。

多彩なソリューション

債券は静的な資産ではありません。多くのお客様がより高いパフォーマンスを求めてコア・プラス債券投資へ移行しつつある一方で、市場インデックスから負債主導型のベンチマークに移行するお客様もいます。

アバディーンはあらゆる債券資産で優れた運用パフォーマンスを提供することを目指しています。また、付加価値を創出し、債務負担をマッチさせるため、金利スワップやCDS等のデリバティブも利用します。